fbpx

【事例2】舩木真由美さん(前編)広報経験を活かし、SNSで社外取締役に立候補

構成/田中美和 撮影/鈴木愛子

30代・40代でも社外取締役として活躍する女性が少しずつ登場してきています。就任のきっかけからやりがい、難しさ、今後の展望まで、リアルな声を聞きました。

――舩木さんは昨年から東証一部上場(現プライム上場)企業である不動産テック企業で社外取締役をされていますが、ご就任経緯がとてもユニークなのだそうですね。

 そうかもしれません。もともとは2020年12月17日の日経新聞の記事を読んで、自分のFacebookに投稿をしたのがきっかけです。

――どんな投稿をされたのですか?

 記事は、コーポレートガバナンス・コード(企業統治指針)改訂の影響で社外取締役が不足するという内容でした。「社外取締役1000人不足」という見出しの一面記事でしたから、ご記憶の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 この記事を読んだときに「1000人も不足しているなら私もやってみたい」と思ったんです。それで記事を引用しながら「私ぜひ立候補します!広報PRひとすじ20年の経験を活かしてコーポレート・コミュニケーションや危機管理の強化、さらに働き方や女性活用においても強みを発揮できます」とFacebookに投稿しました。

――ご自分から宣言されたんですね。それが、社外取締役としてのオファーにつながったのですか?

 はい、現在の社外取締役をしている会社は、以前に広報面でご支援したことがありまして。その関係で私の投稿内容を社長が見てくださったようで、お声がけいただきました。

――先方の社長は舩木さんに対して社外取締役としてどんな期待をお持ちだったのでしょうか?

(続きはアプリで読めます)

Pivot3つの特徴

100シリーズ以上のオリジナルコンテンツ

ビジネス、キャリア、スタートアップ、投資、SDGsなどをテーマにした、最先端のコンテンツを1話2000字前後でコンパクトにお届けします。令和ニュースタイルの実践者によるシリーズが100本以上揃い踏み。日本を超えて、世界のトップビジネスパーソンや知識人への独占取材も行います。

Pivotの豊富なコンテンツをご紹介

行動支援型ビジネスリアリティ番組

ビジネスを実際に動かす、リアリティ番組が充実。本田圭佑氏らが投資家として出演する「ANGELS」では、起業家たちが、百戦錬磨のエンジェル投資家に対して、渾⾝のプレゼンを⾏い、投資を引き出します。プレゼン次第では、数億円レベルの出資も勝ち取れる真剣勝負です。

本田圭佑氏らが投資家として出演するリアル投資ドキュメンタリー

動画は無料、記事は毎日1本が無料

動画はすべて無料。記事については、マンガアプリのように、23時間ごとに1話ずつ無料で読めます。すぐに読みたい方は、1話あたり50円で購入できます。

Pivotのコンテンツは「待てば」無料で閲覧可能