fbpx

【事例1】山下真実さん(後編)
社会起業家としての「センサー」を経営に活かす

取材・構成/田中美和 撮影/林 直幸

40歳で東証一部上場企業(当時。現プライム上場)の社外取締役に選任された山下さん。社外取締役の難しさとは? これまでの経験で社外取締役の仕事に生きていることとは——?

——実際に社外取締役をされていて難しさを感じるときはありますか?

 社会的責任と求められる専門性の高さからすると、やりがいがある一方でハードな仕事だとは思います。

 今回のウクライナ危機や東証の市場再編、コーポレートガバナンス・コードの改訂など外部環境の変化に対して、経営陣としてスピーディに対応しないといけないですよね。

 外部環境の変化はコントロールが利かないじゃないですか。ある日、突然やってくる場合もある。

 今まで自分が勉強してきた領域とは限らないので、その都度しっかり情報を集めて事態を見極めて判断していかなくてはならないところはなかなか難しいですね。

 もちろん自分の会社の経営においても同じことが言えるんですけれど、(会社の)規模がまったく違うので。より影響範囲が広いという意味でも責任を感じます。

——役割を果たすために心がけていることはありますか?

 特に金融や国際情勢については、国内の情報だけに頼らないようにして、海外の情報源もサーチし、速くて的確な情報を得るように常に努力はしています。

 留学経験があったり、外資系企業で勤務していた経験があったりするので、英語を扱うことに抵抗がないんです。

——これまでのキャリアを振り返って、社外取締役の仕事に活きているのはどんな経験でしょう?

(続きはアプリで読めます)

Pivot3つの特徴

100シリーズ以上のオリジナルコンテンツ

ビジネス、キャリア、スタートアップ、投資、SDGsなどをテーマにした、最先端のコンテンツを1話2000字前後でコンパクトにお届けします。令和ニュースタイルの実践者によるシリーズが100本以上揃い踏み。日本を超えて、世界のトップビジネスパーソンや知識人への独占取材も行います。

Pivotの豊富なコンテンツをご紹介

行動支援型ビジネスリアリティ番組

ビジネスを実際に動かす、リアリティ番組が充実。本田圭佑氏らが投資家として出演する「ANGELS」では、起業家たちが、百戦錬磨のエンジェル投資家に対して、渾⾝のプレゼンを⾏い、投資を引き出します。プレゼン次第では、数億円レベルの出資も勝ち取れる真剣勝負です。

本田圭佑氏らが投資家として出演するリアル投資ドキュメンタリー

動画は無料、記事は毎日1本が無料

動画はすべて無料。記事については、マンガアプリのように、23時間ごとに1話ずつ無料で読めます。すぐに読みたい方は、1話あたり50円で購入できます。

Pivotのコンテンツは「待てば」無料で閲覧可能